横浜市内のクリニックに勤める臨床心理士の内海玲子という女性が殺害され、国友たち横浜中央警察署の面々は捜査を開始。ほどなくして、事件発生当時、現場に居合わせたOL・マキから犯人の顔を見たという証言を得るが、彼女が名指しした男は、4姉妹の父・周平だった。さらに現場から周平の名刺入れも発見されたため、警察は早くも犯人扱い。逮捕された周平は、上司の植松教授に呼び出されて、殺害現場と離れた神社に居たとアリバイを主張するが、当の植松はそんな呼び出しをした覚えはないと言い、周平はいよいよ窮地に陥る。
 そんな中、佐々本家に思い詰めた形相の女性が押し入ってきて、突然真理を平手打ちする。驚いた姉妹が慌てて間に入ると何とか乱闘はストップ。落ち着きを取り戻したところで話を聞くと、その女性・あかりは周平の恋人らしく、長女の真理が反対しているために結婚ができないと妙な勘違いをしていた。
 夕里子は、「2つの事件に何らかの繋がりがあるのでは?」と推理した加津代に背中を押され、またも事件について調べることに。その頃、バイト中の珠美には怪しげな人影が近づいていて…。
 翌日、夕里子は周平とあかりの関係を調べるため、彼女の勤め先が入ったオフィスビルに出向く。親切な警備員・佐久間の案内であかりと面会することが出来た夕里子だったが、そこで彼女から意外な事実を知らされる。